お金借りる 学生

MENU

カードローンで借りられる学生の条件

  1. 満20歳以上
  2. バイトで安定した収入がある
  3. 現在カードローンを利用していない

この3つの条件をクリアしていることが、カードローン利用の条件です。

 

ただし、いくつかのポイントを押さえておかないと「親バレ」して大変な目にあってしまうので、必ず以下のポイントをチェックして下さい。

 

どのカードローン会社を利用しても、必ず「カード」が自宅に届く

カードローンの申込・審査はスマホだけでできます。借りるお金も銀行口座に振り込んでくれるので、申込〜返済まで全てがネットで完結できます。

 

しかし、必ず「ローンカード」がどの会社からも自宅に届きます。

 

ただし、差出人はカードローン会社名ではないので、差出人を見てすぐに「お金を借りた!」とバレるものではありません。
(例:アコムなら「ACサービスセンター」などの名前で届きます)

 

それでも確実に親バレを防ぐ為には、この郵送されるカードが見つからない方法を取りましょう。

 

親バレを防ぐ2つの方法

その1.郵便局留めにする
申込後にかかってくるオペレーターからの電話で「実家住まいなので、郵便局留めで送って頂けませんか?」と伝えましょう。大手であれば、可能な限り配慮してくれます。

 

その2.カードを直接受けとる
カードローン会社のATMでカードを受け取ってしまえば自宅への郵送物はなくなります。

この自宅への郵送物さえクリアすれば、あとは大幅に返済が滞るようなことがない限り、郵送物が届くことはありません。

ただし学生がお金を借りられるカードローンは限られる

20歳以上の安定したバイト収入のある学生であるとはいえ、やはり一般の会社員よりも返済能力は低いので利用できるカードローンは限られます。

 

カードローンには以下の2種類があります。

銀行系・・・審査が厳しいので会社員向けのカードローン
消費者金融系・・・審査が銀行に比べてやさしいので学生向けのカードローン

学生が利用できるのは、消費者金融系のカードローンとなります。

 

消費者金融なんかで借りても大丈夫なの?

こういう疑問をもつ学生さんは、業界のことが分かっていませんね。

 

そもそも消費者金融は、金融庁が営業許可を統括しているので、違法な貸付や取りたてを行うと「行政処分=営業停止命令」が下ります。

 

以前はグレーゾーン金利という違法に近い金利での貸付を行っていましたが、今の消費者金融は「国が定めた法定金利」の中での貸付しかできません。

 

また、大手の消費者金融は「銀行のグループ会社」となっています。
(例:アコム・・・三菱UFJフィナンシャル・グループ、プロミス・・・三井住友銀行グループ)

 

このような状況下で違法な貸付をおこなえば、親会社にもその余波が及びますよね?

 

そういう理由もあって、今では消費者金融といえどもクリーンな世界になっています。※ただし大手に限ります。

 

借りられる金額は年収の3分の1まで

消費者金融は総量規制の対象となるので、年収の3分の1までしかお金を借りる事はできません。

 

この借りられる上限は法律で定められているので、会社員でも学生でも同じです。

 

バイト代が月に5万円であれば、5万円×12ヶ月=60万円が年収となるので、借りられる上限は20万円となります。

 

ただし、どのカードローン会社も新規の融資の場合には、上限金額を低めに設定することが多いので、審査に通るためにも希望金額は10万円程度に抑えておくと良いでしょう。

学生に人気のカードローン会社ランキング

三菱UFJフィナンシャル・グループ「アコム」の特徴

アコムでは「30日間無利息キャンペーン」や「HPで3秒診断(事前診断)」を実施中!ネットで申し込みをしてむじんくん(自動契約機)へ行けば、夜9時まで対応可能。さらに楽天銀行なら24時間いつでも振込可能です。

貸付条件 満20歳以上で安定した収入がある人
キャンペーン 初めての方は最大30日間金利0円
融資可能額 1〜500万円
実質年率 4.7%〜18.0%